• bsmtm5

準々決勝 松山商3-4小松

選抜甲子園大会を目指して挑んだ今大会、準々決勝小松高校相手に接戦を演じましたが、あと一歩及ばず。ベスト8で涙…。



連投の先発松崎が2ランホームランを浴びたものの粘りの投球で9回を4失点。打線も6回二死から2四死球の後5番亀井のレフトオーバーツーベースで1点差に迫り、その後2-4とされるが最終回平岡主将の意地のタイムリーで1点差。最後の1本が出ず、残念ながら3-4で敗れました。

307回の閲覧0件のコメント